あなたの薪ストーブのガラスは大丈夫?

fire-3-1563575-640x480 

 

千葉県、茨城県で、薪ストーブをきっかけに『スローで豊かな社会を』を展開している千葉県香取市の株式会社スロースタイル 浅野です。

 

「それは、ガラスの汚れではないんですよ」
ガラスの表面が溶けているんです。
「え?」

 

あっ、ところでiPhone、人気ですね、特に日本で。
海外ではiPhoneよりサムスン端末の方が主力になってきたみたいですが。
その携帯端末ですが、iPhoneに限らずサムスン端末でも部品の多くが日本製ですよね。
日本製だから壊れないんだね、って日本人の僕は簡単に考えちゃいますね。

一方で、壊れるから手をかける事で愛着が湧くっていう考え方もありますよね、例えばイギリスで。
ローバー社の車とか、オイル漏れする様に作ってオーナーに可愛がってもらう、とか。

「ちゃんとオイル漏れする自動車」って表現するみたいですね。深いですね。

 

それで、先程の「ガラスの汚れではないんですよ」 ですが、
薪ストーブのガラスの曇りです。
汚れで曇っていると思っても、表面がザラついて曇りが取れないのはガラスの表面が溶けているんです。
実は割れない様に樹脂を混ぜて作ってあるんです、安全のために。

なので、使い方によっては、内側表面が溶けてしまう場合がある。
溶けてしまうと炎が気持ちよく見えなくなってしまう欠点がある半面、安全を確保しているんですね。

それもイイんですが、日本製ガラスを採用している海外ストーブメーカーもありまして、活躍していますよ、日本製品、ここでも。
日本製のガラスはスゴイです。
イイです、溶けない。
つまりクリアな炎がずっと楽しめます。
超透明です、もちろん割れないですし。

 

因みにですが、自動車のガラスの業界でも日本製が活躍してまして、日本車のガラスはもちろん日本製なのですが、リペア品にアジア某国のガラスが選べるそうです。見分けは付かないですが運転中の目の疲れがだいぶ違うらしいです。

自動車ガラス選びの際、ではなくて薪ストーブ選びの材料の1つにどうぞ。

 

では、良い一日を!
浅野正則

薪ストーブ・プロショップ@千葉・茨城  (株式会社スロースタイル)
☎0478-56-0199 10:00~19:00 / 090-6168-1464 いつでもどうぞ

otoiawase small bottan orange

 

 

 

<<人気の投稿ご紹介>>

炉台をDIYで作る(創る)ところから

薪ストーブとチェーンソー選び

薪割り用の斧(おの・アックス)選びのポイント

スローライフの為の仕事圧縮術

●『薪ストーブ』『こころ豊かなライフスタイル』をテーマにした最近のブログ一覧ご案内。ゆったりしちゃうかもです。
http://www.slowstyle.ne.jp/blog/

●facebookでもブログ投稿が見れます。いいね頂けるとこころから喜びます。
https://www.facebook.com/slowstyle 

●twitterで不定期のサービス情報をツイートしています。Follow me。
https://twitter.com/type1963/followers

●Instagramで薪ストーブの写真を公開しています。Follow me。
https://www.instagram.com/masanoriasano/

 

 

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ