スローライフと本。読書好きの僕がアマゾン読み放題プランに申し込まないわけ

street-sign

 

千葉県、茨城県で、薪ストーブをきっかけに『スローで豊かな社会を』を展開している千葉県香取市の株式会社スロースタイル 浅野です。

 

「いやー、キンドルってスゴイね」
電子書籍のキンドルを初めて使った時に出た一言です。

スローライフと本。
なんともイイ響きです。スローが好きな人は本も好きな方多いです。

本好きの僕はキンドルとちょっと距離を置いていたんですが、初めて使った時にその便利さ驚いた事を今も良く覚えてます。
ちなみに、キンドル専用端末の購入は不要でiPhoneへキンドルアプリをダウンロードすれば使えます。

で、驚き①。
読んでいた所をアプリが覚えていて、次回開くと読んでいたページが開く。ま、でも機械が得意とする所なのであたりまえですね。

驚き②。
大事な所を指でなぞるとマーカーしてくれる。そして、マーカーした部分の一覧から該当ページへスーパージャンプできるので、大事な所を読み返したい時に便利です。スーパージャンプって懐かしいですね。電子辞書が出た時に便利で驚いた事思い出します。まっ、これも想定の範囲内です。

スゴく便利だなと思った所は、デジタルな話からアナログな話なんですが、片手で読めること。
私、ベットで読書しながら眠り落ちるのですが、本は寝ながらだと片手では開いていれないし、開いていれてもページをめくれないんですね。キンドルをダウンロードしてスマホで読めば、片手フリーですから超リラックスして読書できます。ここちイイです。

と言う事で、電子書籍も悪くないなとう訳です。

 

ところで、アマゾンが月額¥980読み放題プラン出して1年弱になります。
月額¥980って1冊分より安いので、量を読む方はかなり活用しているみたいです。

僕は、って言うと読み放題プランは申し込んでないです。
月間10冊目標に読書しているんですが、紙の本購入とキンドルで購入、そして図書館の活用ですね。図書館ってアナログですけど、結構イイですよ。ネットサーフィンならぬ図書館サーフィンです。ジャンルごとにまとまっているから、次から次へとジャンルを超えて面白そうな本を見つけられるんです。

で、読み放題プランを申し込んでない理由はですね、読み放題プランは購入すのではないので自分の物にならないんです。
ある時に気付いたんですが、本はコレクションでもあるんだと思ったんです、本好きな人にとっては。

コレクションと言えば、車など有名ですね。
お金があって何台も所有する方がテレビに良く出てきますが、ほとんど乗らなくても手元に置いておきたいんですよね。好きで好きで、いつも眺めていたいんですよ。

本好きな人も同じだと思うんです。
本はコレクションでもあって、本に囲まれていたいんです。

だから、アマゾンの読み放題プランはお得でも申し込まないんですよね。
紙の本が基本なんですよね。

 

そう言えば、村上春樹さんの新作の長編が話題ですね。
話題になってしまうと距離をおいてしまうんです。なので、ちょっとブームが過ぎたら読みたいです。

村上作品と言えば、昔から良く出てくる得意のビールを飲むシーンですね。今回の作品も出て来るんですかね。

 

では、良い一日を!
浅野正則

薪ストーブ・プロショップ@千葉・茨城  (株式会社スロースタイル)
電話0478-56-0199 10:00~19:00 / 090-6168-1464 いつでもどうぞ

 

 

otoiawase small bottan orange

 

 

 

<<人気の投稿ご紹介>>

炉台をDIYで作る(創る)ところから

薪ストーブとチェーンソー選び

薪割り用の斧(おの・アックス)選びのポイント

スローライフの為の仕事圧縮術

●『薪ストーブ』『こころ豊かなライフスタイル』をテーマにした最近のブログ一覧ご案内。ゆったりしちゃうかもです。
http://www.slowstyle.ne.jp/blog/

●facebookでもブログ投稿が見れます。いいね頂けるとこころから喜びます。
https://www.facebook.com/slowstyle 

●twitterで不定期のサービス情報をツイートしています。Follow me。
https://twitter.com/type1963/followers

●Instagramで薪ストーブの写真を公開しています。Follow me。
https://www.instagram.com/masanoriasano/

 

 

 

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ